団信|住宅 ローン 団 信 と は?団信加入後に生命保険は見直す?

不動産

マンションを購入する際には、必ず団体信用生命保険(通称:団信)に加入しなければなりませんが、その詳細や種類について、理解が深まっていない人も多いかもしれません。

さらに、通常の保険と団信では保障内容が重複しているため、保険料を無駄にしていることもあります。

そこで今回は、団体信用生命保険の特徴や種類、メリット、デメリットについて紹介し、そしてマンション購入時に生命保険を見直す際のポイントについても解説していきたいと思います。

マンション購入では団体信用生命保険の加入が必須

多くの方々がマンションを購入する際には、多額の資金が必要となるため、金融機関から住宅ローンを利用することが一般的です。

そのため、金融機関は、契約者が亡くなったり高度障害になったりした場合に備えて保険をかけています。

この保険は団体信用生命保険と呼ばれています。

マンションを購入する際に金融機関から資金を借りる場合は、団体信用生命保険の加入が義務付けられています。

これにより、自身が持っている保険との保障内容が重複する問題が生じます。

保険料は長期間に渡って支払われるため、重複した内容がある場合は保険の見直しを行うことで、保険料を大幅に削減することができます。

団体信用生命保険(団信)とは

団体信用生命保険は、債権者となる銀行が資金を貸し出している状況で、保険契約者や保険金受取人が債務者となります。

具体的には、住宅ローンを利用している人が被保険者となります。

もし被保険者が亡くなったり、重度の障害になったりして、債務者が住宅ローンの支払いができなくなった場合、保険会社から保険金が支払われる仕組みです。

団体信用生命保険は、法律によって加入が義務付けられています。

しかし、自分自身が既に生命保険に加入している場合、保障内容が重複する可能性があります。

団体信用生命保険のメリットとデメリット

まずはメリットを見ていきましょう。

メリット

団体信用生命保険の利点は、もし自分が重大な病気を発見したり、死亡した場合には、家族に住宅ローンなどの返済責任が発生しないことです。

住宅ローンは多額の借金となることがありますので、家族が予期せずに負債を引き継がれると非常に困難です。

こうした状況を回避するために、団体信用生命保険という保険を利用することができます。

また、主契約である団体信用生命保険に加えて、三大疾病保障特約付き団体信用生命保険や八大疾病保障付き団体信用生命保険などの特約を結ぶことで、保障範囲を拡大することも可能です。

自身や両親に特定の疾病のリスクがあると思われる方は、保障範囲を広げることで、万が一の際に備えることができます。

次のセクションでは、団体信用生命保険のデメリットについて説明しますので、参考にしてください。

デメリット

団体信用生命保険のデメリットは、主に以下の点があります。

まず一つ目は、住宅ローンを借りる際に強制的に加入しなければならないことです。

このため、既に別の生命保険に加入している場合には、保障内容が重複してしまう可能性があります。

したがって、団体信用生命保険の契約内容と自身が別途契約している生命保険を比較し、必要に応じて見直す必要があります。

もし見直しを怠ると、膨大な生命保険料を支払うことになる可能性があります。

二つ目は、団体信用生命保険の保障範囲が他の生命保険に比べて狭いという点です。

これは、満足のいく生命保険の内容を得るためには、別途特約をつける必要があることを意味します。

したがって、団体信用生命保険を選ぶ際には、保障範囲の少なさに注意する必要があります。

以上のように、団体信用生命保険のデメリットとしては、既に加入している生命保険の見直し作業が発生し、保障範囲が他の保険に比べて狭いという点が挙げられます。

フラット35は団信の加入が任意

住宅ローンを借りるとき、一番人気がある制度はフラット35です。

フラット35は借りるときの金利が返済期間が終わるまで一定である住宅ローンの制度です。

フラット35を使う場合、団体信用生命保険は自由参加となるため、もし団体信用生命保険でなく自分が選ぶ生命保険に入りたい場合はフラット35を考慮して見ましょう。

生命保険見直し

マンション購入時には既存加入の生命保険の内容を見直しして見ましょう。

重複する生命保険を整理する

団体信用生命保険を利用する際には、個人でも加入している他の生命保険の保障内容と重複する可能性があります。

もし重複する保障内容がある場合、保険の見直しを行うか、異なる保障内容の生命保険に切り替えることが役立ちます。

生命保険は長期にわたって支払う保険料がかかるため、見直しをしないと高額な保険料を支払うことになってしまいます。

保険の見直しは手間がかかるかもしれませんが、マンションを購入する際に団体信用生命保険に加入する場合には、見直しは必ず必要な項目と言えるでしょう。

団信だけでは不十分な時は

団体信用生命保険は、もしもの場合に収入を守ってくれません。

つまり、もし収入を得られなくなった場合に備えた保障がないのです。

そのため、もしもの時に備えるためには、「就業不能保証付き」という特約を追加する必要があります。

しかし、「就業不能保証付き」の特約には定義が不十分な場合もあり、本当に保障されるかどうかは分かりません。

だから、しっかりと収入を保障したいのであれば、一般的な就業不能保険に加入するという選択肢もあります。

自分に合った保険を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、団体信用生命保険について詳しく説明しました。

団体信用生命保険とは、個人が金融機関から借り入れをする際に、強制的に加入する必要がある保険のことです。

しかしながら、既に別の生命保険に加入している場合、保険の見直しを行う必要があります。

団体信用生命保険にはさまざまな種類があります。

例えば、フラット35という制度があります。

フラット35は、住宅ローンなどの借り入れに対して、一定の金額の生命保険に加入することを義務づける制度です。

しかし、フラット35に加入するかどうかは任意の選択肢であり、自分自身の保障額やニーズに合わせて生命保険の見直しを行うことが重要です。

団体信用生命保険にはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、金融機関との契約の一環として保険に加入できるため、手続きが簡単であることや、団体契約のため保険料が割安になることが挙げられます。

一方で、デメリットとしては、契約内容が一律であるため、個々人のニーズには完全には対応できないことや、保険金の支払いが必要な場合には手続きが煩雑になることがあります。

そして、マンションを購入する際に生命保険を見直すポイントについても解説しました。

マンション購入時には、住宅ローンなどの借り入れが発生するため、団体信用生命保険に加入する必要が生じます。

しかし、既に別の生命保険に加入している場合には、重複する保険の見直しを行うことが重要です。

自分が必要とする保障額やリスクに見合った生命保険を選びながら、見直しをすることが大切です。

以上が、今回の内容の詳しい説明となります。

団体信用生命保険に加入する場合は、自分自身の状況に合わせて保険の見直しを行い、適切な保障を確保するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました